また今日もコンビニ飯?20,000円ボーナスもらって一発勝負!⇒

【Bigbossのスプレッド一覧】取引手数料・通貨ペア別に他業者とスプレッド比較

3 種類の口座タイプがあるBigbossですが、スプレッドはこの口座タイプにより異なります。

もともとスプレッドをそれほどウリにしていないにも関わらず、スプレッドが低いBigboss を高評価するトレーダーも多いようです。

スプレッドを売りにしている業者ではありませんが、スプレッドの狭さを評価する声も少なくありません。

では、Bigbossのスプレッドについて、メジャー通貨を例にご紹介したいと思います。

Bigbossのスプレッドの特徴

Bigbossの口座タイプは2つでそれぞれスプレッドが変わります。

FOCREX口座(CEX方式)はFX未対応口座で仮想通貨の現物取引のみの取り扱いでなので省略します。

Bigbossの口座タイプ

  • スタンダード口座(STP口座)
  • プロスプレッド口座(ECN口座)
スタンダード口座プロスプレッド口座
USD/JPY1.51.2
EUR/JPY1.62.0
GBP/JPY2.51.8
EUR/USD1.71.4
GBP/USD1.81.5
()内はスプレッドのみ、()外はスプレッド+取引手数料

一般的に海外FXではSTP口座よりECN口座の方が低レバレッジで取引量が多いものですが、BigbossについていうとSTP口座、ECN口座ともにスペックの差があまりありません。

唯一、異なることといえば取引手数料で、ECN口座では取引手数料が発生します。

ただし、取引コストはスプレッドによっても変わってくるので一概にECN口座のほうが、取引コストがかかるとは言い切れません。

Bigbossは市場の状況などでスプレッドが変化する変動スプレッドを導入しており、市場が安定しているときのスプレッドは狭いのですが、市場が不安定だとスプレッドがかなり広くなります。

変動スプレッドとは逆の原則固定スプレッドは、スプレッドが固定されており市場が活発になったり流動性が低くなったときだけスプレッドが変化する方式です。

平常時のスプレッドは原則固定スプレッドより変動スプレッドの方が狭くなるので、市場が安定しているときに一気に取引するトレーダーにおすすめです。

【STP口座】Bigbossと他業者のスプレッド比較

BigbossのSTP口座であるスタンダード口座と、他業者のSTP口座を比較してみました。

BigbossGEMFOREXXMTITANFX
USD/JPY1.51.61.61.3
EUR/JPY1.61.71.51.3
GBP/JPY2.52.13.52.45
AUD/JPY1.61.63.02.4
EUR/USD1.71.61.61.2

【ECN口座】Bigbossと他業者のスプレッド比較

BigbossのECN口座であるプロスプレッド口座と、他業者のECN口座を比較してみました。

  • 取引手数料込みのスプレッドで表示
  • 取引手数料は往復の手数料
BigbossGEMFOREXXMTITANFX
USD/JPY1.20.31.10.68
GBP/JPY1.81.02.11.75
EUR/USD1.40.31.10.55

ECN方式のメリットは狭いスプレッドですが、代わりに取引手数料が必要となります。

Bigbossプロスプレッド口座の取引手数料は1往復9ドル(0.9pips)かかります。

スプレッドだけで判断するとSTP口座よりかなり狭いのですが、取引手数料を計算に入れると結局STP口座とさほど変わらないでしょう。

なお、主要通貨ペアであるドル/円の取引手数料はSTP口座より低いです。

Bigbossのスプレッドが広がる時間帯のスプレッド比較

スプレッドが広がりやすい時間帯のスプレッドを比較してみます。

  • 早朝…3大市場が閉まっている時間帯
  • 休み明け…休み明けの月曜日の早朝
  • 経済指標発表…雇用統計やFRB金融政策発表
早朝休み明け指標発表
USD/JPY12.38.02.8
EUR/JPY23.116.85.2
GBP/JPY24.928.48.7
EUR/USD11.510.62.6

Bigbossのスプレッドの口コミ評判

Bigbossのスプレッドは、STP口座では平均より狭め、ECN口座では平均より広めとなりますが、総合的にみればスプレッドの狭い海外FX業者に分類されるでしょう。

というのも、Bigbossはスプレッドが狭い代わりにボーナスなどのサービスを省いているからです。

海外FX業者のなかには豪華なボーナスを実施するところも多いのですが、Bigbossでは口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのボーナスを実施していません。

ただ、まったくボーナスを実施しないと新しいトレーダーが寄ってこないので、期間限定でときどきボーナスキャンペーンを実施しているようです。

また、Bigbossはスキャルピングの制限をしておらず、経済指標発表前後のスキャルピングも容認しています。

スキャルピングトレーダーを集め積極的に取引してくれれば、スプレッドを利益として回収できるからでしょう。

スキャルピングと狭スプレッドの相性はよく、スキャルピングトレーダーはできるだけスプレッドの狭い業者に集まってきます。

一方、ECN口座はスプレッドこそ高めですが、レバレッジや取引量、入金額に制限をかけていません。

【Bigbossのスプレッド一覧】取引手数料・通貨ペア別に他業者とスプレッド比較まとめ

Bigbossのスプレッドは狭めですが、取引条件は必ずしもベストというわけではありません。

追証なしゼロカットシステムを導入しているBigbossですが、公平性に欠ける取引には追証するなど判断基準があいまいで、マイナスを負うリスクがあります。

また、最大レバレッジ555倍でそれほど高くない上に、ボーナスがないのは大きなデメリットでしょう。

さらに、日本語サポートもいまいちで初心者におすすめできる業者とは言えません。

初心者にもおすすめの海外FX業者は、スバリGEMFOREXです。

GEMFOREXでボーナス20,000円をもらわないと損

海外FX初心者
海外FX初心者
22社もあったらどの業者にすれば迷ってしまうよ。そんなに入金するお金ないし。
海外FX経験者
プロトレ
迷うなら口座開設するともらえるボーナス20,000円で試してみれば?
海外FX初心者
海外FX初心者
えっ…無料で取引できるのかすげー!
GEMFOREXでは 口座開設すれば20,000円もボーナスがもらえるのでもらわないと損です! GEMFOREXボーナス ※ボーナスを受け取るためには、日本円口座(オールインワン)・個人口座を選んでください。 GEMFOREXの公式サイトはこちら
タイトルとURLをコピーしました