また今日もコンビニ飯?20,000円ボーナスもらって一発勝負!⇒

スプレッドが狭い通貨ペアは!?通貨によってスプレッドが変わる理由

通貨ペアによりスプレッドが変わってくるため、通貨ペアを選ぶときは通貨の安定性とコストを含めて考える必要があります。

各通貨ペアによりスプレッドは異なるので、狭いスプレッドの通貨ペアもあれば、広いスプレッドの通貨ペアもあります。

スプレッドとは、買値と売値の差分であり、スプレッドが広いほど取引コストが高くなります。スプレッドは手数料なもので取引ごとに発生します。

では、なぜ通貨ペアごとにスプレッドの数値が変わるのでしょうか?

そこで今回は、通貨ペアで変わるスプレッドについて解説していきます。

スプレッドの口コミ評判

取引量が大きいほどスプレッドが狭い

スプレッドは取引量の違いにより変わってきます。

円・ドル・ユーロなど世界的に見て取引量が多い通貨のペアは、値動きが小さくスプレッドが狭いです。

一方で、発展途上国のように流通している数が少ない通貨が絡む通貨ペアは、値動きが大きくスプレッドも広いです。

  • 取引量が少ないほどトレーダー1人がレートに与える影響は大きくなる
  • 取引量が多いほどトレーダー1人がレートに与える影響は小さくなる

つまり、取引量が増えるほどレートの動きに安定感が増し、値幅が小さくなるのでスプレッドが狭くなるのです。

クロス通貨よりドルストレートの方がスプレッドが狭い

ドルストレートはクロス通貨よりスプレッドが狭いです。

世界の基軸通貨としてもっとも流通している通貨がドルで、ドルが絡む通貨ペアのことをドルストレートと言います。

  • ドルストレート・・・ドル/円、ドル/ユーロ、ドル/オーストラリアドル
  • クロス通貨・・・円/ユーロ、オーストラリアドル/円、ユーロ/ポンド

国内FXだとドルストレート以外の通貨ペアの多くは円を含んでいるため、クロス円と呼ばれることもあります。

クロス通貨はドルを介して取引が行なわれるので、その分スプレッドが広くなります。

慣れないうちは、スプレッドの狭いドルストレートの方が無難です。

スプレッドが狭いメジャー通貨

メジャー通貨は、安定的な動きをするのでスキャルピングには向いていませんが、スプレッドは狭く初心者におすすめです。

それでは、値動きが小さくスプレッドが狭いメジャー通貨を紹介します。

日本人にとって、もっとも馴染み深い通貨が円です。国内では円が流通しており、世界的に見てもドル、ユーロに次いで三番目に取引されています。

世界的にも安定性の高い通貨として認識されているため、金融不安で先行きが不透明になると円が買われる傾向にあります。

円は値動きが小さく、金利も低い特徴があります。これまでの値動きを見ると、緩やかに円の価値は上がっていますが、

世界経済に左右されやすい特徴があるため、海外で有事が起こった場合に値動きが著しくなることもあります。

円の価値が上がっているのは、経常黒字が理由です。経常収支が黒字を維持しており、円高ベクトルに圧力をかけることによって円の価値が緩やかに上がっています。

円は、国内の経済状況を把握しておくことで、ある程度は値動きを予想することができます。初心者でも始めやすい通貨と言えるでしょう。

米ドル

世界でもっとも多く使われているお金が米ドルです。FXにおいても、取引数が多いため、値動きは小さい特徴があります。

金利は平均的な水準で推移しており、通貨ペアによってはスワップポイントを狙った取引もできます。

米ドルは、金利の変動に敏感な通貨です。金利が経済指標の一つとして認識されているため、

金利が上がったら景気が回復したと見込まれて通貨の価値は上昇、反対に金利が下がったら景気が衰退したと見込まれるため、通貨の価値が下降します。

普段は値動きの小さな通貨ですが、大災害やテロ、戦争などが発生すると値動きは不安定になります。

予想することができない〇〇ショックに見舞われたときにポジションを保有していると、大きな損失につながることもあります。

ユーロ

ユーロはヨーロッパ圏内で使用されている通貨で、ドルに次いで流通数が多いことから値動きは小さいのが特徴です。

安定性の高いユーロとドルの組み合わせは海外FX初心者におすすめです。

ユーロは、ドイツの経済指標に大きく左右される特徴があります。

また、ヨーロッパ圏の金融施策を行う欧州中央銀行の動きにも影響されやすくなっています。

金利はかなり低いのでスワップポイント狙いよりも、デイトレードやスキャルピングに向いている通貨です。

スプレッドが広いマイナー通貨

マイナー通貨は、値動きが激しいことやスワップポイントの高さが特徴です。

スキャルピングには向いていますがスプレッドの広さも顕著なので、初心者が取引することはおすすめできません。

値動きが大きいのでレバレッジをかけて行う取引にリスクが伴います。

それでは値動きが大きくスプレッドが広がりやすいマイナー通貨を紹介します。

ポンド

英ポンドは主要通貨の中で見ると流動性が小さく、少しの要素で値動き幅が大きくなる特徴があります。

中東情勢にも大きく影響され、ポンドが絡む通貨ペアは値動きが大きくなりやすいのも特徴です。

値動きが大きいことからロスカットのリスクに気をつけなければなりません。

ポンドドルでトレンドが発生しているときは、ハイレバレッジで一気に利益を増やすこともできます。

トレンド相場であれば、比較的小さなリスクで海外FX初心者でも大きな利益を狙えます。

カナダドル

カナダはアメリカに隣接しているので、アメリカ経済の影響を受けやすい特徴があります。

一方、資源国にもなるので資源の採掘量によってカナダドルの価値は変動します。

アメリカとカナダでは金融政策や雇用統計の発表が同時に行われるので、大きな値動きが生じやすいのも特徴です。

経済指標が発表される前にポジションを手仕舞いするなど注意が必要です。

トレンドが読みにくいので、トレンドフォローのデイトレードには不向きです。

豪ドル

豪ドルは、資源国通貨なのでスワップ金利が高くなっていますがスプレッドは広いです。

豪ドルは石炭や鉄鉱石、原油、金などを世界各国に輸出しており、これらの資源によって経済が成り立っています。

中国に対しての輸出が多いため、中国の経済状況に左右されやすい特徴があります。

資源の採掘量が減ると豪ドルの価値が低下し、相対的に米ドルの価値が上がる逆相関の関係です。

豪ドルは金利が高い通貨なので、相対的に米ドルの金利が低下すると豪ドルは買われて価値が上がります。

施策金利やインフレ率なども値動きに影響する要素になるため、政策金利発表や新規雇用者数、失業率などの指標も値動きを予想する際のポイントです。

南アフリカランド

南アフリカランドは、FX取引で使用される通貨の中で特に値動きが激しく、金利が高い特徴があります。

南アフリカは金の産出量が世界一であり、金は経済に大きく影響を与えることから金の値動きに通貨の値動きも影響されやすい特徴があります。

スキャルピングやスワップポイントを狙ったスイングトレードで当てると大きいですが、リスクも大きいため初心者には不向きです。

南アフリカランドは、世界経済に影響されやすい通貨です。特に、アメリカの経済指標の動きと値動きがつながりやすくなっています。

国内政情の安定性も通貨に与える影響が大きくなります。

スイスフラン

世界経済へ大きな影響を及ぼす有事が発生した場合も値動きが比較的小さいため、安全な資産として取引されることが多い特徴があります。

しかし、スプレッドは広いです。

また、国内の経済状況よりも世界の経済状況に対する値動きの方が大きくなっています。

ただし、有事が与える値動きへの影響度合いはわかりにくい部分もあるため、スイスフランの過去の値動きを調べておいた方がよいでしょう。

ニュージーランドドル

NZドルは、値動きが大きく金利が高い通貨です。オーストラリアとの関係性が大きいことから、豪ドルの値動きとリンクしやすいのが特徴です。

流通数の関係から、豪ドルよりも値動きの幅が大きく、金利もやや高めです。

豪ドルよりも高いスワップポイントや為替損益を狙う場合に、おすすめの通貨です。

NZも、中国に対しての輸入が多い国です。中国の経済状況に通貨の価値が影響されるため、NZドルの取引は、中国の経済指標も参考にするとよいでしょう。

ニュージーランド準備銀行が発表する情報も値動きの予想に役立ちます。

香港ドル

香港ドルは、米ドル固定制度を導入しているので、値動きは小さく金利も平均的な水準です。

行政に中国が介入していることで、中国の経済にも左右される場合があります。中国の経済指標発表や中国株の値動きも予想する際のポイントになります。

米ドルの取引経験があるトレーダーなら、値動きも安定しているので取引しやすい通貨と言えます。

中国の経済も世界的に活発なので、中国の経済の動きと関連付けながらレートの動きに注視して取引しましょう。

スプレッドが狭い通貨ペアランキング

第1位 ドル円

ドル円は、1日の取引量が900兆で全通貨の中で2番目の取引量とになります。

日本の経済事情がレートやスプレッドに反映されるため、日本人トレーダーは投資しやすい通貨ペアです。

円は、海外で戦争や災害、世界経済に大きな影響を及ぼす会社が倒産したときなど、有事の際に買われやすいのが特徴になります。

そのため、アメリカ経済が不安定になっているときは円高のトレンドが発生しやすく、アメリカ経済が回復すると円安のトレンドが発生します。

トレンドが読みやすいので、デイトレードやスイングトレードにも向いている通貨ペアです。

円は金利が底の状態が続いているため、米ドルの金利が上がれば円安になり、米ドルの金利が上がれば円高のトレンドが発生します。

円の金利を考慮しないで済むため、金利変動にともなう値動きの予想がしやすく、初心者でもトレンドフォローしやすいのがメリットです。

第2位 ユーロドル

ユーロドルは、1日あたりの取引量は1100兆で全通貨の中で1番目の取引量とになります。

米ドルもユーロも流通量が多いため、値動きは小さく安定性が高い通貨ペアなので大人気です。

米国の雇用統計発表の影響を受けてスプレッドが広がりやすいのが特徴です。

基軸通貨なので、欧州や欧米の経済状況だけでなく、他の国の経済事情とも結びついています。

また、ユーロドルはドル円の逆相関になります。ドル円が上昇すると、ユーロドルは下降するため、馴染みの深いドル円を参考に注文を入れられるのも人気の秘密です。

トレンドに沿って強固な値動きをしますので、トレンドフォローで利確できやすいのも人気の秘密です。

第3位 ユーロ円

ユーロエンは、クロス通貨の中で一番狭いスプレッドになります。

世界で二番目に多い取引量のユーロと世界で三番目に多い取引量の円のペアです。

ヨーロッパの経済が安定しているときは、値動きも小さくなるためスプレッドも安定します。

対ドル通貨以外の取引がしたい海外FX初心者に向いている通貨ペアです。

海外FXのスプレッドと通貨ペアのまとめ

海外FXのリスクを下げるためには、レートの動きが小さくスプレッドが狭い通貨ペアで取引することです。

海外FXは高いレバレッジのスキャルピングが主流になっているため、安定性の高い通貨に投資をする方が安全に運用できます。

一方、トレンドが明確になっているときは、広いスプレッドの通貨ペアでデイトレードやスキャルピングをするのも方法の一つです。

GEMFOREXでボーナス20,000円をもらわないと損

海外FX初心者
海外FX初心者
22社もあったらどの業者にすれば迷ってしまうよ。そんなに入金するお金ないし。
海外FX経験者
プロトレ
迷うなら口座開設するともらえるボーナス20,000円で試してみれば?
海外FX初心者
海外FX初心者
えっ…無料で取引できるのかすげー!
GEMFOREXでは 口座開設すれば20,000円もボーナスがもらえるのでもらわないと損です! GEMFOREXボーナス ※ボーナスを受け取るためには、日本円口座(オールインワン)・個人口座を選んでください。 GEMFOREXの公式サイトはこちら
タイトルとURLをコピーしました